明治皮膚科

ホーム > 診療科目 > 美容皮膚科 > コラーゲンピール

コラーゲンピール

世界発、フロスティングを起こさないピーリング誕生!

こんな方におすすめ

コラーゲンピールの特徴
1 真皮層の繊維芽細胞を刺激し、コラーゲン生成を促進
2 ハリ、弾力、ツヤ感アップ!引き締め効果!
3 コウジ酸による強力な美白効果

コラーゲンピールとは

コラーゲンピールとは

イタリアのRossana Castellana医師は、10年の臨床研究を経て、高濃度トリクロロ酢酸(TCA)と低濃度過酸化水素(H2O2)を配合することにより、フロスティング作用(皮膚の剥離作用)を起こすことなく真皮深層に働きかけ、コラーゲンの生成を強力に促進する新しいコンセプトのピーリング剤(PRX-T33:マッサージピール)を開発しました。(国際特許取得)

これまでの標準的なトリクロロ酢酸によるピーリングでは、表皮の剥離とその後の上皮再形成が起こりますが、PRX-T33では、低濃度の過酸化水素との反応により表皮の剥離が起こりません。

これにより、高濃度トリクロロ酢酸TCA(33%)は、真皮深層まで浸透し、線維芽細胞増殖因子を活性化させます。

この作用により、施術後、数ヶ月にわたって真皮で新しいコラーゲンが生成されます。

細胞レベルで作用することで、これまで体験したことのない効果(ハリ感)を実感

コラーゲンピールは、トリクロロ酢酸(TCA)を主成分とするPRX-T33という薬剤を使ったピーリング治療です。薬剤を肌に塗布し、マッサージしながら真皮深層まで浸透させていきます。

また、その他の美容医療器やリフトアップ治療と組み合わせることで、より効果を実感できる場合もあります。
※顔の他に、胸やデコルテの皮膚の張り(バストアップ)にも効果的です。